人と差が出るインナードライ肌の改善法

肌質は人それぞれ違います。
乾燥肌・脂性肌・混合肌の他に最近注目されているのが
インナードライ肌と言われる肌質です。

これは肌の表面は脂浮きしているが、肌の内部が乾燥している
状態を指します。

見た目は毛穴が開いたり脂が浮いた状態なので、
脂性肌や混合肌と思いそのケアをしてしまう方が多いです。

しかしこれがインナードライ肌を悪化させてしまうのです。
脂性肌や混合肌用の化粧品を使っているのに、改善が見られない
場合はインナードライ肌の可能性があります。

自分で判断しかねる時はコスメカウンターなどで水分と油分の
バランスを計測してもらう事をお薦めします。

インナードライ肌は水分量が少なく、油分量が標準もしくは
多いのが特徴です。

改善のコツは自分の真の肌質を知る事にあります。
インナードライ肌の原因は肌の角質層と関係しています。

角質層は表皮の一番外側にあり水分を保持し、異物の侵入を防ぐ
役目を果たしています。しかし外的刺激が原因となり、角質層が
隙間だらけになると水分を保持する事ができなくなり
バリア機能も低下してしまうのです。

その結果肌を修復しようと、通常は28日程の肌のターンオーバー
サイクルが短くなり未熟な角質層が押し上げられ肌が荒れ、
イナンードライが加速する悪循環に陥ります。

インナードライ肌を改善するには角質層の状態と機能を
正常に戻す事が大切です。

角質層は外的刺激からダメージを受けるので、紫外線が肌に侵入
しない様に日焼け止めを塗ったり、肌をこすらない様に
優しく洗顔をしたり、適度にストレスを解消し
外的刺激を軽減させます。

さらに保水力と保湿力に優れた基礎化粧品を使う事で
改善する事が可能です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加